HOME > 研究用試薬情報 > 研究用試薬 > ヒトアクアポリン2 ELISAキット

ヒトアクアポリン2 ELISAキット

  • キット概要
  • キット構成
  • 測定方法
  • 性能
  • FAQ
ヒトアクアポリン2 ELISAキット

はじめに

アクアポリン2(AQP2)は300前後のアミノ酸から成る比較的小さな膜蛋白で腎臓の集合管で尿濃縮に関わっており、水分子のみを通す水チャネルであり体内水分量調節を担っています。体内が脱水になるとバソプレシン刺激を受けてAQP2は細胞内から細胞表面に移動し、原尿から水のみを再吸収し尿を濃縮します。AQP2の遺伝子異常が起こると重篤な脱水となる腎性尿崩症をきたすことが知られています。

キットの特徴

  • リコンビナント・ヒトアクアポリン2を用いて作製した抗体による酵素免疫測定法(ELISA法)です。
  • 尿中のアクアポリン2(AQP2)を特異的に精度良く測定することが可能です。
※本キットは研究用試薬であり、疾病の診断若しくはその補助の目的で使用することはできません。
  • ページの先頭へ戻る