HOME > 研究用試薬情報 > 研究用試薬 > マウス/ラットアディポネクチンELISAキット

マウス/ラットアディポネクチンELISAキット

  • キット概要
  • キット構成
  • 測定方法
  • 性能
  • FAQ
マウス/ラットアディポネクチンELISAキット

開発の経緯及び特徴

マウスアディポネクチンは、1995年に米国MITのLodish等により、マウス3T3-L1 細胞の分化過程に誘導される、補体C1q類似の分子adipocyte complement-related protein of 30kD(Acrp30)として報告された分子です。脂肪細胞に分化させたマウス3T3-F442A細胞からSpiegelman等により単離されたadipoQも同一分子です。また、1996年に当時の大阪大学医学部第二内科、松澤らのグループによりヒト脂肪組織中に特異的に発現する遺伝子apM1(adipose most abundant genetranscript)として新たに同定されたアディポサイトカインは、Acrp30/adipoQとアミノ酸レベルで83%のホモロジーがあり、それぞれカウンターパートと考えられています。近年の研究結果から、アディポネクチン遺伝子のノックアウトマウスは、野生型マウスに比しインスリン抵抗性を発症しやすく、かつ動脈硬化性病変に罹患しやすい性質を有すること等が示されました。 ヒトにおいても、アディポネクチン濃度の低下と糖尿病及び動脈硬化等の代謝異常症候群との関連が報告されています。本キットは、松澤らとの共同研究により開発された酵素免疫測定法(ELISA 法)であり、標準品にはリコンビナントマウスアディポネクチンを用いています。本キットは、マウス及びラットの血清や脂肪細胞抽出液又は培養上清中のアディポネクチンを特異的に精度よく簡便に測定することが可能です。

※本キットは研究用試薬であり、疾病の診断若しくはその補助の目的で使用することはできません。
  • ページの先頭へ戻る