HOME > 研究用試薬情報 > 研究用試薬 > ヒトアディポネクチンELISAキット

ヒトアディポネクチンELISAキット

  • キット概要
  • キット構成
  • 測定方法
  • 性能
  • FAQ

測定方法

1.必要器具、機器等

  • 1)メスシリンダー
  • 2)メスピペット
  • 3)マイクロピペット及びチップ
  • 4)プレートウォッシャー
  • 5)ペーパータオル
  • 6)プレートリーダー(測定波長:450nm)
  • 7)ヒートブロック等
  • 8)マイクロチューブ等(容量1.5mL以上の密閉可能な容器)

2.試薬の調製法・保存法

  • 1)洗浄液洗浄用原液全量(40mL)に精製水を960mLの割合で混和し調製する。洗浄用原液に結晶が析出している場合は、加温して溶解後に調製し、調製後は2~8℃で保存する。
  • 2)検体希釈液検体希釈用原液全量(50mL)に精製水を200mLの割合で混和し調製する。調製後は2~8℃で保存する。
  • 3)標準液標準品12.0ng/mL を検体希釈液で2倍段階希釈して、6.0ng/mL、3.0ng/mL、1.5ng/mL、0.75ng/mL、0.375ng/mLの濃度の標準液を調製する。なお、標準液12.0ng/mLは標準品12.0ng/mLを、0ng/mLは検体希釈液を使用する。
  • 4)酵素標識抗体液酵素標識抗体希釈液 12mLに酵素標識抗体原液を60μLの割合で混和し、必要量調製する。第2反応の直前に調製し、速やかに使用する。
  • 5)基質液基質液B 6mLに基質液Aを6mLの割合で混和し、必要量調製する。発色反応の直前に調製し、速やかに使用する。基質液Aは必要量採取後直ちにキャップをして2~8℃で保存する。
  • 6)検体前処理液検体前処理液に結晶が析出している場合は、泡立てないように加温して溶解後に使用する。

3.測定操作法

測定操作法

  • ページの先頭へ戻る