HOME > 研究用試薬情報 > 研究用試薬 > ヒトアディポネクチンELISAキット

ヒトアディポネクチンELISAキット

  • キット概要
  • キット構成
  • 測定方法
  • 性能
  • FAQ
ヒトアディポネクチンELISAキット

開発の経緯及び特徴

アディポネクチンは、1996年に当時の大阪大学医学部第二内科、松澤らのグループにより脂肪組織中に特異的に発現する遺伝子apM1(adipose most abundant gene transcript)として新たに同定されたサイトカイン(アディポサイトカイン)であり、244個のアミノ酸より成る分泌蛋白です。血中では多量体を形成し、VIII・X型コラーゲンや補体のC1qと相同性の高い球状構造を有することが報告されています。近年、アディポネクチンは様々な生理活性を有することが報告され、特に平滑筋細胞の増殖を抑制することや単球の内皮細胞への接着を抑制することから、動脈硬化の抑制効果が期待されています。さらに、マウスにおけるアディポネクチン投与実験では、アディポネクチンを投与することによって、糖尿病が改善することが見いだされました。ヒトでのアディポネクチンの血中濃度は血清1mL あたり数μg 存在することが知られており、その低下と肥満や糖尿病及び動脈硬化との関連が報告されています。
本キットは、松澤らとの共同研究により開発されたヒトアディポネクチンに特異的な酵素免疫測定法(ELISA 法)によるものであり、標準品にはリコンビナントヒトアディポネクチンを用いています。本キットは、ヒト血清又は血漿や脂肪細胞抽出液又は培養上清中のアディポネクチンを特異的に精度よく簡便に測定することが可能です。

※本キットは研究用試薬であり、疾病の診断若しくはその補助の目的で使用することはできません。
  • ページの先頭へ戻る